Production Turning

Production Turning

GibbsCAM Production Turning は、輪郭加工、自動荒削り加工、複数の溝加工、突切り荒削り加工、ネジ切り加工、反復形状荒削り加工、穴加工、タップ加工、ボーリング加工に完全な機能性を使用して、完全2軸ワイヤーフレーム機械加工をサポートします。現在のストック状態の認識を維持などの高度な機能により、旋盤のプログラミングが簡単になるだけでなく、非常に効率的なものになります。GibbsCAM Production Turning は、ターニングセンターのプログラミングのために使いやすく強力な機能を提供します。

完全2軸プログラミング

GibbsCAM Production Turning は、ワイヤーフレーム図形から2軸のワークを効率的に機械加工するためのプロセス定義機能を完備しています。

図式的な工具定義

工具を定義するための GibbsCAM Production Turning のグラフィカル・ユーザー・インターフェイスにより、ユーザーは主要な外形寸法を確認することができるため、簡単でミスのない工具の作成ができます。システムは広範囲な定義済み工具タイプに加えてユーザー定義のフォーム工具もサポートしています。

開始/終了位置コントロール

GibbsCAM Production Turning を使用すると、工具が機械加工を開始する位置と終了する位置を完全にコントロールすることができます。工具が加工される輪郭から離れて開始されると、アプローチ延長が自動的に生成されます。

高度な荒削り加工ルーチン

GibbsCAM Production Turning は、自動ショルダーストロークを伴う突切り荒削り加工のための回転荒削り加工サイクル、および一定パスと一定ステップオーバー選択を使用するパターンシフト荒削り加工など、一連の荒削り加工ルーチンを備えています。

素材の認識

GibbsCAM Production Turning は、残りのストック素材の認識を保ち、進入/逃げおよびツールパス移動を自動的に計算できるので、プログラミングの時間を短縮し、空削りを避けます。残りのストックがどこにあるかを知ることで、素材を避ける早送り移動をシステムが自動的に定義することを可能にします。

工具アプローチコントロール

GibbsCAM Production Turning を使用すると、工具が前後両方の方向または一方向のみに切削するようにツールパスを定義することができます。、ツールで前後両方向または、一方向にのみにカットすることができます。工具のドラッギングでは最適な切削ツールパスは自動的に計算されないため、工具は常に前方チップ方向に切削することになります。

固定サイクルのサポート

GibbsCAM Production Turning は、荒削り加工および仕上げ加工オペレーションの面、外径/内径、鋳造の固定サイクルと同時に、ほとんどのドリルタイプサイクルをサポートします。

ネジ切り加工

GibbsCAM Production Turning には、一般によく知られているすべてのネジ切りフォームデータのライブラリが内蔵されているので、ネジ切りをすばやく正確にプログラムできます。