Solids Import

Solids Import

GibbsCAM Solids Import は、ソリッドモデルの機械加工をエントリーレベルでサポートしています。ソリッドモデルを読み取り、表示して操作したり、機械加工用の図形を選択して抜粋することができます。このオプションを使うと、ソリッドモデルをインポート、表示して、選択したエッジから図形を抜粋し、機械加工することができます。このオプションは、ワイヤーフレーム図形の機械加工を行い、機能を拡張しソリッドの基本機械加工までサポートしたいと考えているユーザーに最適です。

エントリーレベルソリッドサポート

ソリッドモデルは、製造におけるソースデータタイプとしてますます一般的になっています。ソリッドモデルは他の形式と比べて正確な図形が得られるため、エラーが削減されます。GibbsCAM Solids Import は、GibbsCAM のソリッドベースのさまざまなオプションの基礎となるテクノロジです。ソリッドに移行する準備が整っているお客様には、ソリッドモデルを使いやすい環境で機械加工するための基本的な支援を Solids Import が提供いたします。ソリッドへの移行が円滑に行えます。

ネイティブ Parasolid のサポート

ソリッドモデルには STEP などの業界標準のものからCADシステム固有のもの、さらにカーネルモデラ形式のものまで、さまざまな形式のものがあります。GibbsCAM Solids Import では、Solid Edge や SolidWorks など数多くの有名なCADシステムで幅広く利用されているカーネルモジュラ形式であるParasolid ファイルをサポートしています。一般的に使われているモデリングカーネルに対する互換性があることで、Parasolid 形式のCAD モデルを直接 GibbsCAM で読み取り、表示して操作することができます。安定した基盤の上にソリッドベースのテクノロジを構築できます。

ソリッドの表示

ソリッドモデルでは、ワイヤーフレームやサーフェイスモデルに比べ、より完成度の高い表示が可能であるため、より正確にレンダリングすることができます。GibbsCAM Solids Import にはソリッドを表示するためのさまざまなディスプレイモードが用意されているため、実行している操作によって最適な表示方法を選択することができます。GibbsCAM の革新的なバーチャルトラックボールを使えば、表示する向きを動的に調整することができ、同時に標準的な表示にもすばやくアクセスできます。機械加工する対象を3次元的に把握できます。

ソリッドから図形抜粋

ソリッドモデルにはワイヤーフレームとサーフェイスの図形の両方が含まれており、最大限の図形データが得られます。さらに、ソリッドモデルを使えばサーフェイス間の正確なエッジ図形を確保することができます。GibbsCAM Solids Import を使えば、ソリッドモデルのワイヤーフレーム図形を抜粋することができます。これはワークのエッジに対応しており、直接それから機械加工することができます。あるいは必要に応じて機械加工する前に、抜粋した図形を編集することもでき、ソリッドモデルの持つ正確性を活用できます。/p>

ソリッドのスライス

ソリッドモデルにはワイヤーフレームとサーフェイスの図形が含まれており、最大限の図形データが得られます。しかし場合によっては、機械加工の対象部分が既存のエッジで定義されていないこともあります。GibbsCAM Solids Import を使えば、ソリッドを面で切削することでワイヤーフレーム図形を生成することができます。その結果として得られる図形を機械加工したり、さらに操作したりすることができます。ソリッドテクノロジに基づいたソリッド機能を活用できます。

ソリッドベースオプションの基礎

ソリッドを導入することで、データ交換から視覚化、機械加工、検証に至るまで、新たに幅広い機能が使用できます。GibbsCAM Solids Import には、ソリッドベースのテクノロジを拡張する機能をシームレスに追加するためのオプションが提供されています。ACIS ファイル、CATIA V4 や V5、 Pro/ENGINEER、STEP AP203 や AP214などの他のソリッド形式の CAD データの読み込みが行えます。既存投資を活用しながら必要に応じた拡張を行うことができます