特徴

CNC プログラミング用ソフトウェア

GibbsCAM Options

1 つのインターフェース。さまざまな使い道。GibbsCAM はお客様と共に成長します。

GibbsCAM は単一アプリケーションとして構成されています。オプションを追加しても、新しいインターフェースを学習する必要はありません。すべてのオプションは、慣れ親しんだ使いやすいインターフェースに統合されます。ソフトウェアは、初期の要件に合わせて構成されます。また、必要に応じて拡張可能です。ソフトウェアとトレーニングの両面でお客様の投資を保護します。

量産旋削

GibbsCAM 量産旋削は、あらゆる 2 軸ワイヤフレーム切削加工に対応します。輪郭、自動粗削り、複数の山と谷、プランジ粗削り、ねじ切り、反復形状粗削り、ドリル加工、タッピング、穴あけなど、すべての機能を備えています…

Die Option "Volumen importieren" bietet eine Einstiegsunterstützung für Maschinen-Volumenmodelle. Volumen-/Solid-Modelle können gelesen, angezeigt und bearbeitet werden. Sie können Geometrie für die Bearbeitung auswählen und extrahieren. Mit dem Volumen-Import können Sie ein Volumen-Modell importieren, es anzeigen und Geometrie von ausgewählten Kanten extrahieren, die Sie dann bearbeiten können. Diese Option ist ideal, wenn Sie Drahtgeometrien bearbeiten und Ihre Möglichkeiten zur Unterstützung der einfachen Solids-Bearbeitung erweitern möchten.

Solids Import (ソリッドインポート) は、ソリッドモデルの加工向けの初歩的なサポートオプションです。ソリッドモデルを読み込んで表示し、操作したり、切削加工用の形状を選択して抽出したりできます。このオプショ…

2.5D ソリッド

GibbsCAM 2.5D ソリッドには、サーフェスとソリッド用の重要なモデリング機能と、サーフェスとソリッドを直接加工できる機能が搭載されています。ソリッドモデルを作成、インポート、編集したら、モデルを加工するプログ…

SolidSurfacer

基準および円筒フライス加工

基準および円筒フライス加工オプションは、1 基の回転軸と 2 基のリニア軸を駆動して 3 軸ツールパスを確立します。回転軸を持つ機械に使用される標準 3 軸フライス加工機能を拡張することで、ラップ形状、円筒および基準フ…

ラジアル フライス加工

GibbsCAM 回転フライス加工は、1 基の回転軸と 3 基のリニア軸を駆動して 4 軸ツールパスを実現します。中心線を外して Y 軸回転切削加工用の粗削りや仕上げ加工を行い、ウォール角度やツールの噛み合いを制御しま…

5 軸マルチブレード

GibbsCAM 5 軸フライス加工の追加機能である GibbsCAM 5 軸 MultiBlade (マルチブレード) は、ターボ機械の部品を作成するため、マシニングセンタと複合加工機 (MTM) のプログラミングに…

多機能切削加工

複雑な複合加工機 (MTM) ツールの CNC プログラミング要件に対応するために特別に設計された GibbsCAM MTM には、習得が用意で非常に柔軟に使用できる、高度なプログラミングツールが備わっています。 …

Tombstone Management System

Tombstone Management System (TMS: ツームストーン管理システム) は、ツームストーン切削加工で複数部品のセットアップ、プログラミング、ツールパス検証、ポストプロセスを簡素化するために特別…

切削シミュレーション

GibbsCAM に内蔵された Cut Part Rendering (切削部品レンダリング) 可視化/検証機能の拡張機能である Machine Simulation (切削シミュレーション) は、工作機械モデルのアニ…

ワイヤ放電加工

使いやすさはそのままに、最も要求の厳しいワイヤー EDM (放電加工) プログラムを処理するために開発された GibbsCAM Wire EDM は、2~4 軸の CNC ワイヤー EDM 加工機のプログラミングに対応…

VoluMill

VoluMill™ for GibbsCAM は、連続的な高速ツールパスを使用して、CNC プログラムを最適化する超高性能ツールパス (UHPT) オプションです。強力で高速なうえ優れた材料除去率を備えた機能により、さ…

Probing thumbnail

プロービング

Quickly and easily probe raw stock position and set work offsets before staring machining work. Reduced setup times and avoided scrap saves money…

Hybrid thumbnail

Hybrid Manufacturing

GibbsCAM Hybrid Machining is a fully-integrated hybrid solution, capable of programming metal deposition (DED) additive and hybrid CNC machines…

30 日間無料トライアルをリクエスト

GibbsCAMからの特別オファー、製品アップデート、イベントニュースを受け取りたいですか? 「はい」をクリックすると、GibbsCAMまたは当社のパートナーからフォローアップの連絡を受け取ることに同意したことになります。 また、いつでも通信をオプトアウトすることを選択できます。 お願いします click here to view our Privacy Policy

量産旋削

GibbsCAM 量産旋削は、あらゆる 2 軸ワイヤフレーム切削加工に対応します。輪郭、自動粗削り、複数の山と谷、プランジ粗削り、ねじ切り、反復形状粗削り、ドリル加工、タッピング、穴あけなど、すべての機能を備えています。現在のストックの状態を継続的に認知する機能など、数々の高度な機能により、旋盤のプログラミングを簡易化および効率化します。GibbsCAM 量産旋削には、旋削センタのプログラミングに適した、使いやすく強力な機能が搭載されています。

生産システム: フライス加工、旋削、フライス/旋盤データシート

完全 2 軸プログラミング

GibbsCAM 量産旋削には、ワイヤフレーム形状から 2 軸部品を効率的に機械加工するプロセスを定義できる機能が数多く搭載されています。

グラフィカルツールの定義

GibbsCAM 量産旋削のグラフィックなインターフェースには重要な寸法が表示されるため、エラーのないツーリングを容易に実現できます。インターフェースは、事前に定義された多種多様なタイプのツールとユーザー定義の形状ツールに対応しています。

スタート/エンドポイント制御

GibbsCAM 量産旋削を使用すると、最初に加工を開始する位置と加工を終了する位置を完全に制御できます。ツールが加工プロファイルに取り掛かると、アプローチの延長を自動的に作成します。

高度な粗削りルーチン

GibbsCAM 量産旋削には、自動ショルダーストロークによるプランジ粗削りサイクル、コンスタントパスおよびコンスタントステップオーバーを選択できるパターンシフト粗削りサイクルなど、さまざまな粗削りルーチンが内蔵されています。

材料の認知

GibbsCAM 量産旋削では、材料の残余ストックを継続的に認識することで、開始/終了やツールパスの動きを自動的に計算します。これにより、プログラミング時間を削減し、空削りを防ぎます。残余ストックの位置を把握することで、材料を自動的に回避するラピッドを定義します。

ツールアプローチコントロール

GibbsCAM 量産旋削では、ツールパスを定義できます。ツールの切削方向は前後の両方向にも、一方向のみにも定義できます。ツールをドラッグしなくても自動的に最適な切削ツールパスが計算されるため、ツールが常に前方へ向けて挿入されます。

固定サイクルのサポート

量産旋削は、フェース、粗削りと仕上げ用の OD/ID および鋳造固定サイクル、大半のドリルタイプサイクルなど、多様な固定サイクルに対応します。

スレッド処理

GibbsCAM 量産旋削には、一般的スレッド形式のデータを収めたライブラリが内蔵されているため、スレッドをすばやく正確にプログラムできます。

Profile Boring and Facing

Use a U-axis programmable head on a milling or mill/turn center to machine variable-profile bores, bosses, and faces, using the same easy-to-learn programming tools and techniques as turning on a lathe.  Turn, mill, bore, broach, and more, all in one part program.

Advanced Turning Kinematics

GibbsCAM Production Turning includes built-in support for interpolated, eccentric, and elliptical turning, on both milling and turning centers.  Machine high-quality off-center turned features on large or awkward parts at any orientation.  Take advantage of native support for advanced control features such as Okuma Turn-Cut and Mazak Orbiturn.

Die Option "Volumen importieren" bietet eine Einstiegsunterstützung für Maschinen-Volumenmodelle. Volumen-/Solid-Modelle können gelesen, angezeigt und bearbeitet werden. Sie können Geometrie für die Bearbeitung auswählen und extrahieren. Mit dem Volumen-Import können Sie ein Volumen-Modell importieren, es anzeigen und Geometrie von ausgewählten Kanten extrahieren, die Sie dann bearbeiten können. Diese Option ist ideal, wenn Sie Drahtgeometrien bearbeiten und Ihre Möglichkeiten zur Unterstützung der einfachen Solids-Bearbeitung erweitern möchten.

Solids Import (ソリッドインポート) は、ソリッドモデルの加工向けの初歩的なサポートオプションです。ソリッドモデルを読み込んで表示し、操作したり、切削加工用の形状を選択して抽出したりできます。このオプションを使用すれば、ソリッドモデルを読み込んで表示し、選択したエッジから形状を抽出して切削加工を行えます。これは、ワイヤフレーム形状の切削加工を行っているユーザーが、機能を拡張して基本的なソリッドの切削加工に対応したい場合、最適なオプションです。

GibbsCAM Solids データシート

エントリレベルのソリッドサポート

ソリッドモデルは、ソースデータのタイプとして製造でますます一般的になっています。ソリッドモデルは他のフォーマットよりも正確な形状を実現するため、エラーを低減できます。GibbsCAM は、ソリッドインポートオプションを基盤にしたソリッドベースのオプションです。これからソリッドを導入する場合、基本的なサポート機能が搭載された、使いやすいソリッドインポートなら、気軽にソリッドに挑戦できます。

ネイティブパラソリッドの対応

Solid models are available in a wide variety of formats, from industry standards like STEP, to CAD-system-specific formats, to kernel modeler formats. GibbsCAM Solids Import supports Parasolid files, a kernel modeler format widely used by numerous popular CAD systems like Siemens Solid Edge® and SOLIDWORKS®. Sharing a common modeling kernel ensures that you can read CAD models in Parasolid format directly into GibbsCAM and then view and manipulate them. Build your solids-based technology on a solid foundation.

ソリッド表示

ソリッドモデルの表現は、ワイヤフレームやサーフェスモデルよりも完成度が高いため、より正確にレンダリングできます。ソリッドモデルは、さまざまなディスプレイから選択できます。また、ビューの向きを動的に調整できるほか、革新的な GibbsCAM 仮想トラックボールを使用すれば、標準ビューにすぐにアクセスできます。加工中のモデルのソリッドを表示できます。

ソリッドから形状を抽出

ソリッドモデルには、ワイヤフレームとサーフェスジオメトリの両方が含まれており、ジオメトリデータが豊富に揃っています。また、ソリッドモデルは、確実かつ正確にサーフェス間のエッジを抽出します。GibbsCAM ソリッドインポートを使用すれば、ソリッドモデルのワイヤフレーム形状 (部品のエッジに相当) を抽出して、直接加工できます。あるいは、必要に応じて、加工前に抽出した形状を修正することも可能です。ソリッドモデルの精度を活用できます。

ソリッドのスライス

加工箇所が既存のエッジで定義されていないことがあります。GibbsCAM ソリッドのインポート機能を使用すると、ソリッドを平面で切断することにより、ワイヤフレーム形状を作成し、作成した形状を加工したり、さらに編集したりできます。ソリッドテクノロジーを基盤とした高度な機能を使用できます。

ソリッドベースオプションの基盤

GibbsCAM ソリッドにより、データ交換から視覚化、加工、検証まで、まったく新しい機能が数多く導入されました。GibbsCAM ソリッドのインポート機能を利用すれば、追加機能をシームレスに選択して、ソリッドベースのテクノロジーをより一層拡張できます。CAD データは、ACIS ファイル、CATIA V4/V5、 Pro/ENGINEER、STEP AP203/AP214 など、他のソリッドフォーマットで読み取ることも可能です。投資を保護しながら、独自のペースで拡張できます。

2.5D ソリッド

GibbsCAM 2.5D ソリッドには、サーフェスとソリッド用の重要なモデリング機能と、サーフェスとソリッドを直接加工できる機能が搭載されています。ソリッドモデルを作成、インポート、編集したら、モデルを加工するプログラムを生成します。また、専用ツールを使用して、サーフェスデータをインポートして修復し、自動的にソリッドに変換します。CNC プログラミングをより速く、より簡単に作成して、効率性と生産性を向上させます。

GibbsCAM Solids データシート

高性能なソリッドモデリング

生産可能なバージョンを作成するために、CAD システムからソリッドモデルをインポート、スクラッチから独自に作成、インポートしたソリッドモデルを変更、いずれの方法をとった場合でも、履歴ツリーなどの高度な機能を含め、GibbsCAM 2.5D ソリッドのあらゆる種類のソリッドモデリングサポート機能を活用できます。業界きっての使いやすさにより、ソリッドの作業が単純化され、わかりやすくなります。高性能なこのソリッドモデリングツールを使用すれば、ソリッドモデリングテクノロジーを最大限に活用できます。

サーフェスモデルのインポートと修復

ソリッドへ移行しても、CAD システムが生成するサーフェスモデルは、なおもインポートして加工する必要があります。GibbsCAM 2.5D ソリッドを使用すれば、サーフェスモデルを読み込んで、さまざまなサーフェスモデリングツールで遭遇する問題を修復できます。また、独自のサーフェスを作成して加工することもできます。それでもやはりサーフェスモデルで作業する場合は、 GibbsCAM 2.5D ソリッドを使用することで、作業を省き、ソリッドベース加工へスムーズに移行できます。

ソリッドへの自動変換

GibbsCAM 2.5D ソリッドを使用すると、ソリッドモデル以外からでもソリッドベース加工を利用できます。インポートした場合でも、作成した場合でも、自動的にサーフェスモデルにステッチを施し、GibbsCAM のソリッドモデリングツールでさらに変更を加えたり、そのまま加工したりできるソリッドモデルを作成します。また、サーフェスベースからソリッドベース CAM への移行に必要なツールにアクセスできます。

2.5D ソリッドで直接加工

設計で多大な利点を得られるだけでなく、ソリッドモデルからは加工でも数々の利点を得られます。GibbsCAM には、ソリッドを直接加工したり、ソリッドの付加情報を十分に活用したりできるよう、加工機能が搭載されています。これにより、パフォーマンス、信頼性、効率性が向上します。

ソリッドの位置設定ツール

ソリッドモデルは GibbsCAM 2.5D ソリッドの主な造形ブロックであるため、高度な位置設定ツールが搭載されています。ソリッドの位置や向きをすばやく、簡単かつ正確に設定できます。これらのツールは複数のピースから 1 つの部品モデルを作成する時に非常に便利ですが、それだけではなく、固定具での部品モデルのセットアップを大幅に合理化できます。部品をその位置に付けるための回転や変換の計算方法ではなく、部品をどのように配置する必要があるかという点に焦点を絞ります。

プロファイラー

部品で生産可能なフィーチャを特定することが、プログラミングでは一般的なスタートポイントです。GibbsCAM 2.5D ソリッドには、ボス、スロット、ポケットなどの機能をインタラクティブに定義できる革新的なインターフェース、Profiler (プロファイラー) が搭載されています。自動のフィーチャ認識とは異なり、プロファイラーではフィーチャに含まれる形状要素を完全に制御することができます。プロファイラーでは、加工のため、形状をインタラクティブに派生させることもできます。高度なプログラミングツールで高性能なフィーチャベースの加工を実施できます。

自動フィーチャ認識 (穴)

穴加工は、ほとんどの生産加工作業で、加工時間の 80% 近くを占めます。穴はまた、生産部品のプログラミング時間の大部分を占めます。幸い、穴はソリッドモデルでも極めて動作に優れたフィーチャです。GibbsCAM 2.5D ソリッドには、自動フィーチャ認識 (AFR) 機能があります。この機能は、位置と向きと共に穴を認識するほか、形状に基づいてさまざまな穴の特徴 (面取り、カウンターシンク/ボア、底面条件) を特定します。AFR 機能を活用すれば、穴加工の効率と品質を向上させることができます。

Hole Manager (穴の管理)

穴加工の生産性を効率化し、全体品質を向上させます。穴加工は部品生産において、加工時間の 80% 近くを占めるため、穴を特定して分類し、プログラムすることが非常に重要です。穴の管理機能は、穴フィーチャ処理のフロントエンドです。穴のパラメータを表示して、処理に合わせて分類できます。Hole AFR (穴 AFR) がホールマネージャーに統合されているため、穴フィーチャを特定して、自動でホールマネージャーに直接取り込むことができます。Hole Wizard (穴ウィザード) も同様に統合されているため、穴情報が直接渡して、自動ツーリングとツールパス生成できます。

SolidSurfacer

SolidSurfacer オプションには、優れたサーフェス作成機能とソリッドモデリング機能、および、サーフェスとソリッドを切削加工するための高度な機能があります。サーフェスやソリッドの複雑な機能も、直感的でグラフィカルな GibbsCAM のユーザーインタフェースを使用すれば簡単に実行できます。SolidSurfacer の Advanced 3D with High-Speed Machining (高度な 3D と高速機械加工) コンポーネントを使用して、滑らかな表面仕上げを実現する硬質金属の切断と高速切削加工に最適なツールパスを作成できます。SolidSurfacer を使用すれば、複雑なモールド、ツール、ダイのモデリングや加工で要求される厳しい要件に対処できます。

GibbsCAM Solids データシート

サーフェスモデリングの拡張機能

ますます多くの部品ファイルがソリッドモデルフォーマットで作成されるようになったものの、部品の定義ではサーフェスは依然として重要な役割を果たしているほか、製造向けのサーフェスモデリングもなお、非常に重要な機能です。SolidSurfacer は、サーフェスを作成したり修正したりできる、サーフェスモデリング用の拡張機能です。その高度なサーフェスモデリング機能は、使いやすく設計されています。

Advanced 3D with High-Speed Machining (高度な 3D と高速機械加工)

高度な 3D と高速機械加工 (HSM) コンポーネントにより、SolidSurfacer の 3D サーフェスとソリッドボディの機械加工をさまざまな形で拡張します。

  • 新しいタイプの仕上げプロセス
  • 3D 材料のみのツールパスに対応
  • 開始/終了制御の強化
  • インポートした STL ファイルなど、ファセット化されたボディを直接加工
  • 内側から外側または外側から内側へ、自動でコア/キャビティを検出
  • ツールの摩耗とホルダーからの最適な長さを考慮して操作を分割
  • サーフェスのフェレット処理を自動で行い、シャープな凹コーナーを回避
  • ツールパスのバッチ生成に対応

ドラフト

部品に垂直壁があると、スライダーを使用せずにモールドから部品を取り除くことが難しくなります。SolidSurfacer を使用すれば、垂直壁をわずかに傾けて、どんな角度の抜き勾配でも適用できます。

パーティング線の自動生成

部品を簡単に取り出すには、部品の寸法内でモールドを半分ずつに分割する必要があります。適切なパーティング線の位置を手動で決定することは、非常に骨の折れるプロセスです。SolidSurfacer を使用すれば、正しいパーティング線を自動で生成し、モールドを簡単に半分ずつに分割できます。

フィーチャの抽出/修復 (コア/キャビティまたは電極向け)

ツールパスを生成する際、障害となる小さなフィーチャが部品に含まれていることがあります。SolidSurfacer のフィーチャの抽出/修復機能を使用して、このようなフィーチャを抑制することができます。この機能により、フィーチャの形状を削除し、周辺領域を修復します。抑制したフィーチャから生成されたソリッドを使用して、コアや電極を作成できます。

さまざまなオフセット

加工する時は、実際に加工を施すサーフェス、加工を施さない部品のサーフェス、固定具に関連付けられたサーフェスなど、さまざまなタイプのサーフェスを考慮する必要があります。SolidSurfacer を使用すると、このようなサーフェスタイプそれぞれに合わせて、オフセット (ツールの接近距離) を指定できるため、ツールパスの生成を完全に制御できます。

3 軸多面切削加工

最近の部品には、さまざまな形状とサーフェスが含まれています。複数のサーフェスまたはソリッド全体にツールパスを適用することは、ポケット加工やプロファイリングに加え、重要な加工機能です。SolidSurfacer なら、レースカットやジグザグなど、さまざまな加工スタイルにより、食い込みのない 3 軸ツールパスを作成できます。方向、向き、ステップオーバー量、深さなど、切断パラメータを完全に制御できます。SolidSurfacer があれば、複数のサーフェスをすばやく簡単に加工できます。

3D 投影加工

ツールパスを複数のサーフェスで直接制御したい時があるはずです。必要なツールパスを生成したら、複数のサーフェス上にツールパスを投影して加工できます。ツールパス形状の情報源には、テキストなど、どんなものでも利用できます。SolidSurfacer は、形状を複数のサーフェスに投影して、最終的なツールパス形状を生成できる高度な機能です。

基準および円筒フライス加工

基準および円筒フライス加工オプションは、1 基の回転軸と 2 基のリニア軸を駆動して 3 軸ツールパスを確立します。回転軸を持つ機械に使用される標準 3 軸フライス加工機能を拡張することで、ラップ形状、円筒および基準フライス加工、回転の反復が可能になります。フライス加工では通常 A 軸または B 軸の周りを回転し、マシニングセンタでは C 軸動作が Y 軸動作の代わりを務めますこの C 軸動作をマシニングセンタの部品のフェースに適用できます。フラットまたはラップのワイヤー形状で入力します。

ラップ形状は、円筒の周囲に巻かれたように表示され、切削されるフラット(平面的) な 2D 形状です。形状はフラットモードでも、ラップモードでも作成でき、表示を両モード間で切り替えることができます。このオプションを使用すれば、輪郭、ポケット、ドリルなど、あらゆる 2D フライス加工プロセスを円筒に適用できます。ただし、ツールが回転の中心線に維持されるため、ウォールの角度やツールの噛み合いは制御できません。

GibbsCAM 多軸フライス加工 (データシート)

また、このオプションにより、フライス加工プロセスに回転反復機能を追加できます。長く、複数のローテーション用出力を 1 行の G コードで作成します。ポストプロセス済みの出力は、制御機能の基準および円筒の補間機能に対応します。このオプションは、フラット形状で定義された部品、ツール形状 (側壁制御が不要な単純な溝またはポケット) で作成された回転部品のフィーチャ、Y 軸を使用しない加工に最適です。

ラジアル フライス加工

GibbsCAM 回転フライス加工は、1 基の回転軸と 3 基のリニア軸を駆動して 4 軸ツールパスを実現します。中心線を外して Y 軸回転切削加工用の粗削りや仕上げ加工を行い、ウォール角度やツールの噛み合いを制御します。入力には、ソリッドから抽出した、または他の方法で作成した 3D ワイヤーフレーム形状を使用し、ツールを駆動して方向を定めます。オプションとして、サーフェスを使用してツールの方向を定め、ツールパスを制限することができます。

ツール方向を制御するには、ツールの側面または底面を切削したり、1 つのサーフェースまたは 2 本の曲線で傾斜を制御したり、あるいは、指定された傾き角で 1 本の曲線に従ったり、ツールを次第に傾けたりします。ツールパスは通常セグメント化されており、らせん動作を最適化することができます。

GibbsCAM 多軸フライス加工 (データシート)

5 軸マルチブレード

GibbsCAM 5 軸フライス加工の追加機能である GibbsCAM 5 軸 MultiBlade (マルチブレード) は、ターボ機械の部品を作成するため、マシニングセンタと複合加工機 (MTM) のプログラミングに特化して最適化されており、ブリスク、ブリング、インペラなど、ブレードを伴う部品の加工を簡易化します。専門的な機能が凝縮されたインターフェースにより、モデルを準備することなく容易に形状を選択できます。作業タイプや専門性のレベルに応じて、2 つの機能レベルから選択します。

レベル 1

レベル 1 は、単一スプリッターを持つ部品とツールパスストラテジーが対象です。ストラテジーには、シングルスプリッターサポートを伴うブレード間の粗削り、ハブの仕上げ、ブレードとスプリッターの仕上げ、全ツールパスの自動食い込みチェックなどが含まれます。また、レベル 1 には、リーディングエッジおよびトレーリングエッジの延長とエッジロールのトリミング、チルト制御、部品周囲の回転ツールパス断面の多様なインテリジェント制御、自動軸検出、自動またはユーザー定義によるリンクとクリアランスなどのオプションが含まれています。

GibbsCAM 多軸フライス加工 (データシート)

レベル 2

レベル 2 では、複数のスプリッターとサブスプリッターのサポート、ブレードフィレット加工、ツール軸のスムージング、スプリッターのスムージング、チルト/リーティング/エッジの追加制御、ツールパスセグメントの分類、残りのフライス加工にストックを定義する機能などが追加されます。ツールパスを複合加工機に生成した場合も、マシニングセンタに生成した場合も、5 軸マルチブレードの両レベルで GibbsCAM 5 軸と同じポストプロセッサーを使用するほか、GibbsCAM 加工シミュレーションと同じシミュレーションモデルを使用します。

多機能切削加工

複雑な複合加工機 (MTM) ツールの CNC プログラミング要件に対応するために特別に設計された GibbsCAM MTM には、習得が用意で非常に柔軟に使用できる、高度なプログラミングツールが備わっています。

複合加工機の購入をご検討中ですか? または、既存の工作機械を最大活用できているか懸念されていますか?「MTM のプログラミングに必要な知識 (ホワイトペーパー) 」をダウンロードして、答えを導き出しましょう。

マシン固有の設定

複合加工機とは、現在普及している最も多様性の高い加工ツールを代表するツールです。GibbsCAM MTM を使用すれば、お使いのツールに特化した構成を工場出荷時の初期設定の状態で取り込めるため、すべての機能を正確にプログラミングすることができます。これにより、お使いの加工ツールをフルに活用して、確実に生産性を最大化できます。

多連ターレット/スピンドル

最新の複合加工機では、スピンドルとターレットをさまざまな形で内蔵されており、その数はほぼ無限大です。2 基のスピンドルと 2 基のターレットによる構成が一般的ですが、3 基以上のスピンドルやターレットにより構成されている加工機もますます一般的になってきています。GibbsCAM MTM が対応できるターレットとスピンドルの数に制限がないため、複合加工機の進歩に合わせて調整できます。

ライブ ツーリングのサポート

これまでは、複合加工機は主に、2 基のスピンドルとツールホルダを備えた高性能のターニングセンタとして扱われ、負荷の軽いライブツーリング機能が含まていることもあります。こうしたツールもなお一般的ですが、現在の複合加工機は、より多くのライブツーリングに対応できるようになっており、より多様なフライス加工が可能になりました。GibbsCAM MTM は GibbsCAM のあらゆるフライス加工オプションと組み合わせることができるため、お使いの複合加工機のフライス加工すべてに対応します。

スイス式加工機

スイス式工作機は非常に普及率が伸びており、特に非常に精密な部品の加工で人気があります。他のタイプの複合加工機と同様に、スイス式複合加工機も急速に進化を遂げており、現在普及している中で最も複雑な MTM 構成の代表的ツールの 1 つです。GibbsCAM MTM はスイス式複合加工機に対応しており、複雑な装置のプログラミングに適した使いやすいツールも提供しています。GibbsCAM MTM を使用すれば、お使いのスイス式加工機に容易に対応します。

MTM の概要

ユーティリティ オペレーションのサポート

複合加工機では、バーフィーダー、パーツキャッチャ、サブスピンドルなど、切削以外のユーティリティオペレーションを制御する補助装置が必要です。GibbsCAM MTM は、複合加工機で使用されるユーティリティオペレーション全域に対応するため、ポスト済みの出力まですべてを制御できます。

Sync Manager

単一切削ツールの工作機械とは異なり、複合加工機は、複数のツールを 1 基または複数基のスピンドルに同時に (通常は同期しながら) 適用します。複数のプロセスフローを手動で調整するには、多くの詳細事項や相互依存性を理解する必要があります。GibbsCAM MTM の Sync Manager (同期マネージャー)のグラフィカルインターフェースは、わかりやすく直観的なため、プロセスの最適化に集中できます。複雑なことは何でも Sync Manager (同期マネージャー)任せることができるため、複数プロセスのプログラミングが、かつてないほど簡単で効率的になります。

内蔵 Cut Part Rendering

マルチフローやマルチタスクのプロセスは複雑なので、複合機でコストのかさむエラーが発生する前にプログラムの検証を行うことが非常に重要です。GibbsCAM MTM 内蔵の Cut Part Rendering (部品切削レンダリング) を使用すれば、複数ツールの切削の完全なシミュレーションを同時に実行して、プログラムを視覚的に検証できます。食い込みを検出したり、プログラムの効率性を確認したりすることで、プログラムを調整してさらに最適化して加工前に確認できます。

Post Processors

GibbsCAM Post Processors are developed to maximize the efficiency of your CNC Machine and ensure high quality NC code. GibbsCAM and its worldwide Reseller network has the knowledge and experience to provide fast, personalized technical support to ensure your production is continuous and your productivity is uncompromised.

複合加工機と CAM ソフトウェアの投資を最大活用することで、サイクル時間を短縮、部品品質を向上、収益性の増大を実現します。

Tombstone Management System

Tombstone Management System (TMS: ツームストーン管理システム) は、ツームストーン切削加工で複数部品のセットアップ、プログラミング、ツールパス検証、ポストプロセスを簡素化するために特別に開発されたシステムです。インタラクティブでグラフィカルな単一インターフェースから、CNC プログラミングに必要なすべてのオプションと柔軟な機能が揃った TMS ダイアログを使用して、加工ストラテジーを指定して修正したり、加工に向けて効率的でエラーのない G コードを生成したりできます。

GibbsCAM TMS データシート

previous arrownext arrow
Slider

GibbsCAM TMS の機能

  • 部品と固定具の組み合わせを作成し、自動的にレイアウト内に複製する機能。
  • 部品をツームストーンのフェースに自動的に配置して調整するさまざまなオプション。
  • フェースごとに異なる部品を配置したり、フェースごとに混合部品を配置したりできる柔軟性。
  • 部品やフェースをさまざまな Z レベルでプログラムする機能。 
  • 全フェースに同じ配置を複製するか、フェースごとに異なる配置を作成するか、選択可能。
  • 隣接するワークピースが妨げとなる部品のフィーチャや切削作業など、例外作業を各フェースに追加または削除する機能。
  • 部品から部品への移動や、フェースからフェースへのインデクシング (回転) において、安全な距離を多様に設定できる機能。
  • ツールごと、ツールと部品ごと、ツームストーンフェースごとにサイクルタイムを最適化できるオプション。
  • G コード出力のサブルーチン、固定サイクル、 B 回転位置をサポートする機能。
  • 単一部品モードで CNC コードを生成し、ツームストーンを全負荷で実行する前にセットアップと切削加工を実証する機能。

最適化は、一般的に、類似または同一作業をまとめてグループ化し、ツール交換やツームストーンの回転を最小限にすることに依存じます。TMS はプログラマーに以下を可能にします:

  • ツールごとに作業をまとめてツール交換を最小限に留め、ツールを交換する前に、1 つのツールにより、数々のフィーチャーの切削加工をすべての部品で順番に実施できます。
  • ツールごとに作業をまとめて移動を最小限に留め、次のワークピースに移動する前に、1 つのワークピースの作業をすべて完了させることができます。また、プログラマーは、次のグループに移動する前に、1 つのグループで 1 つの作業を実施するよう、ツールに指示を出すこともできます。
  • 次のフェースに移動する前に 1 つのフェースで全作業を完了し、ツームストーンの回転を最小限に抑えることができます。

TMS にはこのようなオプションを選択できる数々のツールが搭載されているほか、ツールパスを自動で選別して検証およびテストできます。TMS ダイアログに戻って必要な修正を行うことで、簡単に問題を是正できます。

GibbsCAM Machine Simulation (加工シミュレーション) で TMS を強化すれば、プログラマーは、ツームストーン、部品、固定具、ツール、ツールホルダーに加え、あらゆる可動切削ツールコンポーネントなど、すべての設定を動的にレンダリングしたり、シミュレーションしたりして、干渉、衝突、サイクルタイムをテストできます。また、シミュレーションでは X-Y-Z の各位置も追跡し、ツールが機械の移動制限を超えることを防止します。

結果に満足できたら、プログラマーは TMS のボタンを 1 回クリックするだけで、部品のツームストーン全体でポストプロセスを実施した G コードプログラムを生成できます。

要件: TMS で適切な G コードを生成するには、2.5D ソリッド または SolidSurfacer と、カスタマイズされたポストプロセッサーが必要です。

推奨: 必須ではありませんが、TMS の出力を適切に視覚化するため、Machine Simulation (加工シミュレーション) の使用を強くお勧めします。

切削シミュレーション

GibbsCAM に内蔵された Cut Part Rendering (切削部品レンダリング) 可視化/検証機能の拡張機能である Machine Simulation (切削シミュレーション) は、工作機械モデルのアニメーションを使用して、製造現場でコストのかさむミスが発生する前に、プログラムのエラーを特定します。

previous arrownext arrow
Slider

Opticam Wire EDM

Designed to handle the most demanding wire EDM (electrical discharge machining) programs while being easy-to-use, GibbsCAM Wire EDM supports programming 2- through 4-axis CNC wire EDM machines. GibbsCAM Wire EDM is based on the industry-leading Opticam technology from Camtek GmbH and includes post processors and technology data for all major wire EDM machine brands.

Feature Recognition

GibbsCAM Wire EDM can automatically analyze your solid or wireframe part, locating wireable geometries and automatically producing appropriate machining features.  Control undercuts, conicity, hole filtering, and other parameters to get exactly the results you need.  The results are immediately displayed graphically and conform to model changes in real time.  Or, choose faces, edges, and wireframe geometry manually to perform partial cuts and user-defined features.

2-Axis and 4-Axis EDM Machining

Automatically machine ruled and extruded surfaces, tapers, and collars.  Perform EDM pocketing in both 2-axis and 4-axis configurations. Partial pocketing combines normal roughing and pocketing to prevent the creation of extra slugs and ensure reliable unattended operation.  4-axis synchronization is completely automatic based on the solid model.

Starting and Stopping

Start holes are selected automatically for best machining conditions, or you may specify them manually to conform to material conditions or other requirements.  Gluestop tags or bridges can also be positioned and cut automatically or manually.  Lead-on and Lead-off can be configured as straight, angular, arc, or meander, with controlled overtravel.  Automatic threading and cutoff of the wire is supported, including diagonal threading.

3D Simulation

In addition to the live-updating workspace display, GibbsCAM Wire EDM includes a full 3D simulation capability to ensure safe toolpath, including display of fixturing and machine heads, taper angle and deflection checks, slug selection and removal, and cutting time calculation.

Technology Database Support

GibbsCAM Wire EDM offers original equipment technology databases for all common manufacturers.  Depending on the manufacturer, the user may either access the machine database directly through interface software, import the database from the machine, or be provided with a converted database directly.  Supported manufacturers include GF AgieCharmilles, Mitsubishi, Fanuc, Sodick, Makino, ONA, Seibu, Excetek, AccuteX, and Joemars.

Postprocessing and NC Output

The most important part of an NC programming system is the postprocessor, which generates the final NC program that runs on your machine.  GibbsCAM Wire EDM is developed in conjunction with leading machine manufacturers and includes a wide variety of high-quality, well-tested postprocessors to generate optimal and efficient NC output for all types of machines.

VoluMill

VoluMill™ for GibbsCAM は、連続的な高速ツールパスを使用して、CNC プログラムを最適化する超高性能ツールパス (UHPT) オプションです。強力で高速なうえ優れた材料除去率を備えた機能により、さまざまなタイプのフライス加工部品で、業界最速の速度と効率性を実現したツールパスを製造現場で作成できます。ツールの材料突入速度や材料除去率など、ポケットのフライス加工に最適なオプションをプロセスが自動的に考慮します。ツール負荷の変動を軽減し、加工機の速度と送りを向上させます。

  • 生産性を向上。
  • サイクル時間を短縮。
  • ツールの寿命を長期化。
  • 材料の未切削を出さずに最大 100% のステップオーバーを設定可能。
  • 機械出力を安全に倍増。
  • エネルギーコストを最大 60% 削減。
  • 違和感のないデザインや使用感で GibbsCAM に完全に統合。
  • ポストプロセッサーの変更は一切必要なし。
  • 送り速度を自動で調整。

GibbsCAM VoluMill Wireframe (ワイヤーフレーム) オプションは、新規の GibbsCAM フライス加工ライセンス、および、ソフトウェアメンテナンス対象の GibbsCAM フライス加工ライセンスに含まれています。

プロービング

Integrate Offset Data

Quick and easy scanning of the blank position and setting of the offset data before starting machining. Shorter set-up times and optimized processes reduce costs.

On-machine Inspection

Inspect and validate a part in-cycle to correct wear offsets, minimize variation, and recut only where necessary.  Reduce machine downtime by providing instant feedback to the operator.  Built-in support for the most common probing cycles, such as hole, pocket, corner, and boss inspection.

Integrated Probing Simulation

Protect your probes by simulating probing operations.  Easily validate that you are probing the right positions on your part without consuming machine time.

For Any Machine

Milling and turning centers, Mill/turn, MTM, Swiss-style machines, and more, are fully supported.  Easily probe with any tool group, against any workpiece.  Automatically probe multiple parts for Tombstone Management System setups.

Extensible Solution

If you have specific needs related to your application or would like to integrate with custom probing cycles on your machine, Probing is fully extensible via GibbsCAM macros as well as plugin-based solutions.

Hybrid Manufacturing

Integrated System for Hybrid Machining

GibbsCAM Hybrid Machining is a fully-integrated hybrid solution, capable of programming metal deposition (DED) additive and hybrid CNC machines.  It uses custom-developed additive manufacturing operations targeted specifically at metal deposition technology, tested and proven at research and industrial facilities worldwide.

Deposition Head Technology

GibbsCAM Hybrid Machining supports a wide variety of laser DED and welding/cladding heads.  A full definition for each head is integrated directly into the software, giving unparalleled support for these new and diverse machines.  Dedicated DED additive machines are supported as well as hybrid (mixed additive and subtractive) machines.

Associative Technology Data

Each GibbsCAM operation is associated with technology data which describes the parameters (such as base and additive materials, laser power, feedrate, and powder and shield gas flow) and the expected dimensional results (cladding track width, height, melt pool, and shape) from those parameters.  Includes full support for mixed and graduated materials, unlocking one of the key advantages of additive deposition technology.  Switch technology data at the press of a button, and GibbsCAM immediately recalculates the required toolpath to manufacture your part with different parameters.

Wall Cladding

Dedicated additive contouring processes allow quick and easy construction of vertical and tapered walls with arbitrary thickness.  Built-in mechanisms control overlap for intersecting wall segments (including alternating layers), tilting the head or part to contain powder against the side of the wall, overtravel with reduced power to ensure sharp corners, and other cladding-specific requirements.  Weave patterns allow easy and reliable construction of wider elements with welding-style deposition heads.

Fill Cladding

Fill a 2D area or 3D volume from an arbitrary surface base.  Automatically fill solids, undersized or oversized (to allow finish machining) where necessary.  Control the fill method (zig-zag, spiral, Hilbert, etc), order tracks to distribute heat evenly over the part, and automatically shift orientation between consecutive layers to ensure a good quality fill.

Rotary Cladding

Automatically construct rotary features and prismatic features on cylindrical parts with the rotary cladding functions.  Easily use the Polar and Cylindrical interpolation functions of your CNC control just like with milling.

5-Axis Cladding

With the GibbsCAM 5-Axis Deposition Additive option, get full 5-axis continuous additive surfacing on arbitrary base surfaces.  Build and repair expensive turbomachinery and tooling parts with ease.

True Hybrid Machining

Combine with GibbsCAM subtractive options (Milling and Turning) to unlock totally integrated Hybrid Machining.  Control variation in your parts by automatically machining new base surfaces during large additive builds.  Build complex parts with confidence, knowing that you can machine holes, shafts, threads, and mating surfaces to accurate dimensions in a single setup.  All subtractive processes are automatically aware of material added during additive operations.  Machine both a soft substrate material and a super-hard deposited wear surface, without incurring the cost of manufacturing the entire part out of hard and difficult-to-work material.