GibbsCAM logo
Flag
Search
GibbsCAM logo
Hero image

GibbsCAMでパワーアップ

CNC プログラミング用ソフトウェア

GibbsCAM 2024の新機能

パワフルでシンプル、シンプルでパワフル

GibbsCAM 2024は、GibbsCAMの約束である「Powerfully Simple, Simply Powerful」を下支えし、高度なマシニングセンタのプログラミングにおけるエンドユーザーの生産性を引き続き向上させます。

カタログダウンロード

CoroPlus®ツールライブラリとの統合

GibbsCAM 2024は、デジタルコネクティビティに重点を置きながら、中核となる強みを大幅に強化しました。バージョン2024は、CoroPlus®ツールライブラリとの直接統合により、サンドビック・コロマント社のパワーを解き放ち、特定の作業に適した切削工具へのアクセスを提供し、即座に切削データを推奨します。最新の切削工具データ、切削工具とホルダーの3Dモデル、最適化された製造工程のための情報に基づいた意思決定に不可欠な情報を提供します。すべてのデータは検証済みで、切削工具データの表現と交換に関する国際規格ISO 13399に準拠しています。工具ライブラリのクラウドベースの性質は、GibbsCAM 2024のユーザーがインターネット接続さえあればどこからでもデータにアクセスできることを意味します。

Integration of the CoroPlus®
CoroPlus®ツールライブラリの統合により、ユーザーは工具アセンブリと関連する切削条件を定義し、GibbsCAMに直接データをインポートすることができます。

すべてのユーザーにとってのメリット

TCPクランプやロータリークランプのサポートを含む、標準およびカスタムポストデフォルトを設定するための新しいポストプロセッサ設定オプションの導入により、効率性は引き続き重視されています。さらに、CAM環境のセットアップを効率化する新しいツールにより、ワークフィクスチャのオフセットの編集と制限が可能になりました。GibbsCAM 2024は、複数のフィクスチャ・スタッキングをサポートし、未使用のフィクスチャをシミュレーションや干渉チェックのためにマシン上に保持できるようになりました。

バージョン 2024 のライセンスは、従来の CLM テクノロジーに取って代わります。これにより、ソフトウェアの導入が簡素化され、ユーザーによるライセンスの移動がより柔軟になり、将来のバージョンではクラウド機能が利用できるようになります。

Dimensioning Part Geometry
ユーザーは、部品形状の寸法を決定するために仮想点を照会できます。

CADデータでの作業がより簡単になりました。3Dモデルから直接、エッジの中点、端点、交点、円の中心、円の象限など、部品形状の寸法を決定するための仮想点を照会できます。新しく導入された可視化ツールは、曲率と関連するテーパー/抜き勾配を3Dモデル上に直接マッピングできます。これは、余分な参照ジオメトリを取得する必要がないため、部品の切削に必要な最小工具径の解析に特に役立つツールです。

Maps the curvature
新しい可視化ツールは、曲率と関連するテーパー/ドラフト角を3Dモデルに直接マッピングします。

その他多くの機能強化に加え、ジェネリックプローブは回転ワークのアライメントと位置決めをサポートするようになりました。回転軸、クリアランス、シフティングパラメータのみを選択すると、システムがサーフェスをプローブし、ワークの回転アライメントを計算します。

Generic Probing
ジェネリックプローブは、回転ワークのアライメントと位置決めをサポートします。

ツーリングの柔軟性

GibbsCAM 2024は、フライス加工におけるフォームツールの柔軟性を向上させます。ユーザーは、工具の駆動方法を選択できます:正確な切削工具プロファイルを使用するリアルプロファイルオプション、または工具アンダーカット形状を使用するツールパスを無効にするモノトニックプロファイルを使用します。3Dソリッドフォーム工具の場合、公称パラメータの別のオプションは、シミュレーションに3Dフォーム工具を使用しながら、工具メーカーの推奨に従って、ツールパスの計算に長径とチップ半径のみを使用します。

さらに、サンドビック・コロマントのPrimeTurning™では、第2世代のBタイプチップがサポートされるようになりました。この工具は、より深く切削し、より速く材料を除去できる、より大きな先端半径を持っています。


よりパワフルなミリング

複合旋盤とバーフィードミル用の新しいカットオフプロセスにより、エンドミルによる垂直切断、サイドミルやスリッティングソーによる平行切断が可能になりました。

レスト加工では、輪郭加工とポケット加工が「マテリアルのみ」のアクティブ加工と併用されることで、エアカットが減少し、より効率的なツールパスが作成されるようになりました。その他の輪郭加工の改善点として、複数のランプのリードインとリードアウトの動きの代わりに、可能な限り連続した輪郭を生成する滑らかなランプ加工があります。

Supports Perpendicular Cutting
複合旋盤とバーフィードミル用の新しいカットオフプロセスにより、エンドミルによる垂直切断、サイドミルやスリッティングソーによる平行切断が可能になりました。

また、GibbsCAM 2024の新機能である可変深さ彫刻は、テーパー工具やコーナーランプを使用した複雑なフォントの使用を大幅に改善します。さらに、回転軸を使用する加工の開始位置を制御するために、選択可能なアライメントオプションが追加されました。ユーザーは、デフォルトの特異点ルールをオーバーライドすることができ、ツールパスを機械限界内に維持したり(頻繁にY軸)、ミル/ターンパーツの反対側で加工する場合に便利です。

Tapered Tooling and Corner Ramping
テーパー加工やコーナーランプ加工を施した複雑なフォントを使用する場合、深さ可変彫刻が大幅に改善されます。

新しい5軸機能には、壁面や円筒形または円錐形の床面を仕上げるための最適化されたステップオーバー機能が含まれ、より優れた一貫性のある表面仕上げを実現します。新しいジオデシック加工は、端部の境界で直線的なカットを実行し、工具が空洞に落下するのを防ぐ穴埋めを改善します。その他の改良点として、リードインおよびリードアウト動作での工具の向きのユーザー定義や、進入送り距離のリンクなどがあります。多軸加工の機能強化には、3D コンテインメント管理の向上、ポイント分布の改善、荒加工サイクルのファーストパスのランプオフセット、仕上げ加工のユーザー定義スタートポイント、らせん進入時の工具傾斜などがあります。

Optimized 5-axis Stepover
壁面や円筒形または円錐形の床面の仕上げ用に最適化された5軸ステップオーバーにより、より優れた一貫性のある表面仕上げを実現します。
Improved Hole Filling
ジオデシック加工における穴埋めの改良により、工具が空洞に落下するのを防ぎます。

製品紹介ビデオ

GibbsCAM のご購入

次の 3 つの基本パッケージからお選びください。

  • GibbsCAM 量産フライス加工: 2、2.5、3 軸フライス加工
  • GibbsCAM 量産旋削: 2 軸旋削加工
  • GibbsCAM 量産フライス/旋盤: X、Y、Z、C、B 軸のサポートを含むライブツーリング

次に、必要に応じてソフトウェアのメンテナンスとオプションを追加します。すべてのオプションは単一のインターフェースに統合されるため、新しいプログラムを習得する必要がなく、トレーニングに費やす時間とコストを節約できます。

GibbsCAM はまた、学術/教育機関を対象に、産業向け GibbsCAM Classroom Edition と個人向け GibbsCAM Student Edition の2 種類を提供しています。

さらに、GibbsCAM では、30 日間の返金保証制度を設けています。

30 日間無料トライアルをリクエスト